スパイダーマン:ホームカミングのためにMCU作品を15本も観た。


こんにちは、スギタです。僕はアメコミ映画をよく嗜み、その中でもスパイダーマンが特に好きなのですが、2017年8月に日本公開された『スパイダーマン:ホームカミング』をまだ観れていません。リブート作品『アメイジング・スパイダーマン』からさらに仕切り直された期待の映画なのに、です!その理由が、今回提示する問題にも繋がります。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品多すぎ問題

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは2008年公開の『アイアンマン』から続く、“マーベル作品の世界観をクロスオーバーさせて、ヒーロー達を共闘させちゃおうぜ”っていうシリーズのことなんですけど、その作品が年々増え続けてめっちゃ多くなってるんですよね。

こんなにあるぞMCU作品

作品は大きく3つのフェイズに分けられていて、その数なんと16作品!多すぎ。

「踏まえたがり」にはしんどくなってきた

僕は“続きモノ”の作品を観るときに、前作を観ていないと100%楽しめない性格で、「あそこのシーンで前作のキャラクターがちょこっと登場してたよね」とか、「あの演出はシリーズファンへのサービスだよね」といった、前作を踏まえた楽しさ、みたいなものが味わえないことにものすごいストレスを感じます。特にこのMCU作品はそれが顕著で、(もちろんひと作品ごとにストーリーは独立しているのでそれ単体でも面白いんだけど)ストーリーが大きな流れで連続しているし、別作品の組織・ヒーロー・敵キャラ・兵器なんかがバンバン出てくるので、めちゃくちゃ“前作を踏まえる”つくりになっていて、踏まえがいがあるんです。

俺も踏まえたい!頼むから踏まえさせてくれ~~!!!

未鑑賞だった作品をぶっ通しで観た

「そっちがその気ならやってやんよ!全部観てやんよ!」とカクゴを決めました。




『アイアンマン』『インクレディブル・ハルク』『マイティ・ソー』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』は既に観ていたので割愛。正直だいぶ前なので内容とかほとんど覚えてないけど、“観た”という事実が重要なのだ。

アベンジャーズ

終盤、それまでバラバラだったヒーロー達が団結して敵に立ち向かうところがアツかった。あとネタバレになるので詳しくは言えないのだけど、エンドクレジット中に流れる打ち上げシーンがこの映画の中で一番好き。




『アイアンマン3』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も劇場で鑑賞済みだったので4作品。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド

ソーの弟、ロキに良いところをかなり持っていかれている感がありました。

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

アクションシーンが格好よくストーリーも練られていて完成度の高い作品。MCUの今後の流れを大きく変え、さらにシビル・ウォーに続くと考えたら、重要な1作かもしれない。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン


今作にも序盤に打ち上げシーンがあって、その中で「俺らでソーのハンマー持ち上げてビックリさせてやろうぜ!」的なノリでワイワイやってるところが本当に仲良さそうで最高。バナーがハルクのセルフモノマネをしてめちゃくちゃスベッてるところが大好きです。

最後は前作を超えるスケールの大きさで各ヒーロー達が大暴れ。お祭りはこうでなくっちゃ!という感じ。

アントマン

「ちっちゃくなって戦うヒーロー」ってこのご時世にかなり地味なんじゃないの……、と思っていたけど、ミクロな視点が絵的に楽しく、よくまとまっていました。“機関車トーマスの上で戦う”っていうアイデアも良さがパンパンにつまっていたな~。



『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は公開直後に観たばかりなので省略。いろんなところで指摘されまくってるけど、『リミックス』っていうタイトルはダサすぎるし意味わからないから原題どおり『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:Vol. 2』に変えてくれ~~~!!

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

『エイジ・オブ・ウルトロン』で仲間になった連中に加え、アントマンやスパイダーマンらまで合流してかなりの大所帯にも関わらずそれぞれにちゃんと見せ場があるのがスゴい。この映画の結末から、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年公開予定)』への期待が高まってしまうな。

ドクター・ストレンジ

だまし絵のような、幻想的なビジュアルがとにかく新鮮で「現代の映像技術すごっっ」と何度もうなってしまった。これ映画館で観たかったな~。あと天才医師で傲慢な主人公が、ハンデを背負いそれを克服する過程で人間的に成長していく、というストーリーは(ベタだけど)良かった。

・・・・・・・・・・・・・・

なんとか全作観終えることができました。今回わかったことは、いい歳したオトナが全力でどつきあいしているのを連続して観続けていると、マジでどうでもよくなるってことです。

それでは、これから『スパイダーマン:ホームカミング』を劇場鑑賞してきます。ごきげんよう。

スポンサーリンク