スター・ウォーズ新作に完全に乗り遅れた今こそ観たい『ピープルvsジョージ・ルーカス』

f:id:su9ita:20160113011016j:plain

『エピソード7/フォースの覚醒 』が公開された昨年12月、映画界でこれほどのビッグなイベントはそうそうないんじゃないの、というくらいのお祭り騒ぎでした。

「乗るしかない、このビッグウェーブに!」というノリで自分もその狂騒の一部に混ざりたかったんですが、なんやかんやあって完全に乗り遅れてしまいました、スギタ(@sugi___ta)です。いつもお世話になっております。

公開日からもうすぐ1ヶ月、あれだけ世間を賑わせていたのがウソのように、最近ではほとんど話題にさえあがりません。近頃じゃ夕食の話題でさえ仕事に汚染(よご)されている始末ですよ。

スター・ウォーズは全作通して何度も観ているし、EP1~3は劇場に足を運んでいるくらいには好きな作品なので、当然今作もむっちゃ楽しみにしていたんです。それならすぐに観に行けばいいものを、「100%楽しむためにEP1~6を観返すまでは行かねえ!」などという制約を自らに課してしまったがために今日に至ってしまいました。なにやってんだ。

しかも、ネタバレを避けるために感想・考察といった類の記事やツイートをを一切シャットアウトしてきたので世界的にどう評価されているかもわからんし、なんかもはやどうでもよくなってきました。

これではいかん、と思いなおし、自分の中のスター・ウォーズ熱を再燃させるために観たのが掲題の作品、『ピープルvsジョージ・ルーカス』なのです。

 

 

どういう作品?

スター・ウォーズの熱狂的なファン達(というよりもカンペキにオタク)へのインタビューや二次創作のファンムービーをテンポよく紹介していき、この作品がどれほど多くの人々に愛されているか、その熱量をまざまざと見せつけていく、という構成。

このシリーズ、そして監督であるジョージ・ルーカスへの愛憎入り交じる感情がスゴすぎて、もはや四谷怪談に出てくる女の情念レベル。とにかく想いが強すぎるし、コアなファン(オタク)を世界中に生み出しすぎ。というところからも、この作品の影響力が伺えます。

そんなファン達が抱いている不満の代表的なものが、『いかに監督といえど、一度公開した作品を後からあっちゃこっちゃ弄くりたおしちゃダメでしょ』という点。

当時は特撮を駆使して撮影された映像があとから最新の技術でCGに差し替えられたり、ストーリーの根幹に関わる重要なシーンに(多くのファンにとって)改悪ともよぶべき変更を加えてしまったり。さらには「オリジナル版のフィルム?ああ、紛失しちゃったのでもう無いよ。かわりに最新版を発売するから買ってネ」というジョージ・ルーカス監督の姿勢が反感を強く買っているようです。


中盤からはファン達の悲痛な叫びと不平不満が延々と流されるわけですが、なかでも笑ってしまったのは次のシーン。

 

f:id:su9ita:20160112101013g:plain

f:id:su9ita:20160112101326g:plain

20世紀フォックスのロゴやスター・ウォーズのタイトルが表示される速さをコマ単位でダメ出し。「細かすぎるだろ!」と思わずつっこんでしまったけれど、おそらくタイミングが体にしみつくほど、繰り返しくりかえし観てきたんだろうな~と思うと、そこまで夢中になれる作品があるということが羨ましくも感じたり。

あとプリークェル、EP1~3の新三部作が思った以上に昔からのファンには不評だったということも驚きでした。ジャー・ジャー・ビンクス嫌われすぎ。


手を変え品を変え、色んな角度からこういった愚痴が終盤までずっと続くんですが、最後をしめくくるのは、「それでも俺たち/私たちは、スター・ウォーズが大好きなんだ!」という心からの熱い想い。

f:id:su9ita:20160113003159p:plain

f:id:su9ita:20160113005526g:plain


彼らのフィルターを通して、スター・ウォーズという映画史に残る作品のことがもっと好きになったし、、新作観たい欲が自然と湧いてくる、いい作品でした。ちなみに本作、『ピープルvsジョージ・ルーカス』が公開されたのは2010年なので、当時はまだEP6の続きが公開されることも、それがルーカスではなくJ・・エイブラムス監督の手によってつくられるなんてことも誰もが予想だにしていなかったに違いないわけで。この作品に登場する愛すべきオタク達は、はたして最新作、フォースの覚醒に対してどのような感想をもったのか、なんてことを想像しながら映画館に足を運びたいと思います。(せめて1月中には)

僕みたいに見逃してしまって今更感がただよっている方も、「このシリーズってなんでこんなに人気なの?」と疑問に思っている方も、ぜひ一度観ていただきたい一作です。ちなみに、Amazonプライム会員はタダで観れるよ!

ピープルVSジョージ・ルーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ピープルVSジョージ・ルーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

 

スポンサーリンク