スパイダーマン:ホームカミングのためにMCU作品を15本も観た。


こんにちは、スギタです。僕はアメコミ映画をよく嗜み、その中でもスパイダーマンが特に好きなのですが、2017年8月に日本公開された『スパイダーマン:ホームカミング』をまだ観れていません。リブート作品『アメイジング・スパイダーマン』からさらに仕切り直された期待の映画なのに、です!その理由が、今回提示する問題にも繋がります。

続きを読む

【やまの】まぜそばに『カレー豚ほぐし』をほぐさないと夏は終われない

f:id:su9ita:20170918232712p:plain


皆さんは日本の夏といえば何を思い浮かべるでしょうか。浴衣に花火大会、海水浴でスイカ割り。そんな夏を彩る風物詩に、“まぜそばとカレー豚ほぐし”が最近加わったことはもはや周知の事実かと思います。

カレー豚ほぐしとは夏期に期間限定で販売されるトッピングメニューで、台湾まぜそば(やまのでは“まぜそば052”と呼びます)にほぐすのです。

食券機には無く、これだけ現金で購入します(200円)。今回はチーズまぜそば(880円)を大盛り(+100円)にしてさらにトロ豚ごはん(350円)もつけちゃって、合計1530円!………頼みすぎでは?

続きを読む

ARMSを徹夜でプレイしていて身についた、まあまあ勝てる戦い方

f:id:su9ita:20170616195839p:plain


ア……ア………




ARMS楽しっっっ!!!!!!!!!!


失礼、あまりの面白さに、興奮して叫んでしまいました。


いよいよ発売されたNintendo Switch用ソフト『ARMS(アームズ)』ですが、案の定というかさすが任天堂というか、広い間口と深いゲーム性を兼ね備えた、最高の作品でしたね。

ダウンロード版の発売が開始された6/16(金)の0時からプレイをはじめて、気づけば朝までぶっとおしで遊んでしまいました、おかげで今日は一日抜け殻のような状態で働いていたわけですが、そのおかげで戦い方が少しずつわかってきました。

最初はとにかくグローブを振り回す素人丸出しのスタイルでしたが、一人用モードのレベル4をクリアしてランクマッチが開放される頃には、自分なりの戦法が身についてきました(といっても、やっとウンコ初心者を脱したくらいだと思うけど)。

そんな戦い方をご紹介できればと思います。

続きを読む

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド でタイムラプス動画を撮ったら絶景だった

こんにちは。皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。世界に点在するほこらを探したり、濡れた崖から滑り落ちたりされておりますでしょうか。

僕はといえば、災厄を倒して冒険が一段落してからというもの、もっぱらロケハンをしています。

まずは以下の動画をご覧ください。

続きを読む

スター・ウォーズ新作に完全に乗り遅れた今こそ観たい『ピープルvsジョージ・ルーカス』

f:id:su9ita:20160113011016j:plain

『エピソード7/フォースの覚醒 』が公開された昨年12月、映画界でこれほどのビッグなイベントはそうそうないんじゃないの、というくらいのお祭り騒ぎでした。

「乗るしかない、このビッグウェーブに!」というノリで自分もその狂騒の一部に混ざりたかったんですが、なんやかんやあって完全に乗り遅れてしまいました、スギタ(@sugi___ta)です。いつもお世話になっております。

公開日からもうすぐ1ヶ月、あれだけ世間を賑わせていたのがウソのように、最近ではほとんど話題にさえあがりません。近頃じゃ夕食の話題でさえ仕事に汚染(よご)されている始末ですよ。

スター・ウォーズは全作通して何度も観ているし、EP1~3は劇場に足を運んでいるくらいには好きな作品なので、当然今作もむっちゃ楽しみにしていたんです。それならすぐに観に行けばいいものを、「100%楽しむためにEP1~6を観返すまでは行かねえ!」などという制約を自らに課してしまったがために今日に至ってしまいました。なにやってんだ。

しかも、ネタバレを避けるために感想・考察といった類の記事やツイートをを一切シャットアウトしてきたので世界的にどう評価されているかもわからんし、なんかもはやどうでもよくなってきました。

これではいかん、と思いなおし、自分の中のスター・ウォーズ熱を再燃させるために観たのが掲題の作品、『ピープルvsジョージ・ルーカス』なのです。

続きを読む

財布を失くしたときに読む記事

f:id:su9ita:20170617143607j:plain



こんにちは、スギタです。
現金2万3千円、銀行のキャッシュカード、クレジットカード、お店のポイントカードなど、生きていく上で必要な“すべて”が詰まった財布をどこかに落として失くしてしまったショックで、一週間ほど気絶してました。

警察に紛失届を提出し、「まあそのうち見つかっぺ!」と悠長にかまえていましたが、待てど暮らせど見つかったという知らせはなく。

正直かなりめんどくさいけど、現実を受けとめて各種カード類の再発行手続きを行いました。もう同じことは繰り返すまい、と心に決めましたが、財布を落とす失敗は人生で通算5度目なので、おそらく忘れたころにまたやってしまうでしょう。

いつかまた同じ過ちをおかしてしまったときのために、手続きに必要なアレコレを残しておきます。

続きを読む

スタンプラリー制覇のために『麺処 井の庄』『濃菜麺 井の庄』『INOSHOW』を食べまくった

f:id:su9ita:20150917024838j:plain

コンプリートのために、つけ麺・ラーメンを12杯食べましたので、ここでご紹介させていただきます。

井の庄のメニューが美味しいことなんてわかりきっていることなので、あえていちいち感想をのべることはしません。深夜の空腹時などにぜひご覧ください。 続きを読む

液晶画面バッキバキのiPhone6Plusを修理したらオドロキの値段だった

f:id:su9ita:20150905002044j:plain

それは5月ごろのこと。
大切なiPhone6Plusを地面にぶち落としてしまったところ、iPhoneが“終わり”ました。もうわかりやすいくらいにバキバキ。買ってまだ1年経ってないのに……。


液晶画面をやってしまったのはiPhone4以来なので、実に4年ぶり。こうなってしまうと、画面は見づらいわ画面スライドするたびに指がサクッと切れるわで不便の極み。


f:id:su9ita:20150902013416g:plain


ただ、液晶バキバキの画面に『スタープラチナのオラオラ』を表示させると実になじむ”という気づきが得られたことは僥倖でした。

「破壊力Aのオラオラを受けたら液晶画面が割れるのもやむなし」「むしろコナゴナに砕けなかっただけでもスゴい」と自分をむりやり納得させて3ヶ月ほど騙し騙し使っていましたが、やはり限界が。日常的に一番触れる機会の多い端末なのでストレスもたまるし、いつか本体を売る際に査定金額がガクッと落ちてしまうのは悲しいので、ハラを決めて修理にだすことにしました。

続きを読む

【映画感想】『インサイド・ヘッド』は大人も子どもも楽しめる素晴らしい映画

f:id:su9ita:20150823003755j:plain

かなりの打率で良作・傑作を生みだし続けているピクサー制作の映画を観にいくときの安心感は、ダイの大冒険におけるアバン先生のそれと同等ですが、最新作『インサイド・ヘッド』も例外ではなく、涙あり笑いあり、スッキリとした前向きな気持ちで映画館を後にできる、最高の作品でした。

大人向けの笑える要素もふんだんに盛り込みつつ、もちろん子どもにとっても十分に楽しめる作品となっていて、こういう隙のなさが本当にピクサーらしいな〜。あと、『もし、ぼくたちの感情(喜び悲しみ怒りなど)が頭のなかにすむキャラクターだったら?』という設定をいかした、思考・記憶に関するあるあるネタに心当たりがありすぎて面白かった。

そんな今作ですが、映画本編の感想を語るより前に、触れておかなければならない問題があります。

続きを読む
スポンサーリンク